静岡から飛行機に乗って出雲に着いた その3#出西窯#職人技に魅せられて

女ひとり旅
この記事は約2分で読めます。

出雲旅 その3です

早朝に出雲大社を参拝した私は 竹野屋旅館さんに戻り 朝食をいただきました

「ご縁盛り」というのだそうです

ありがたや~ !

というわけで ありがたい朝食をいただいたのち
レンタカーで次の目的地へと出発
(本当は 玉造温泉にもう1泊の予定でしたが 台風の接近により 1日帰宅を早めました 泣)

30分後 目的地到着
出西窯 (しゅっさいがま)です

ここは 昭和22年 5人の若者が開いたという歴史ある窯
現在も お若い職人さんたちが引き継いで
主に「暮らしの器」を作っているとのことです

工房

展示販売店

が 併設されています

ふつーに工房へ入っていいと 案内の矢印があったので ちょっと覗いてみました

全長6メートルもあるという のぼり窯

お若い職人さんが ろくろ を回しています

まわりは本当に 何にもない所なんですよ
でも 毎日毎日こうして もくもくと手作りの器を作る仕事をやっている

そういう生き方もあるのだな ~ と
若いのに偉いもんだな~  と おばさんは感心

まさに
作り手の顔が見える 商品販売形態 !
購買意欲が増しますね

勉強になりました

ここでの収穫は そういう職人さんたちのお仕事に触れられたことと

暮らしの器
食器にもなるけど ひとまず 飾り皿

出西窯 で 一番有名だという 出西青 の 器たちを買ってきたことです

私のつたない料理でもこれに盛り付けたら
きっと 料理屋みたいになるかも!!

はりきって 買いはしました

 

買いはしましたが

まだ 使っておりません 

それじゃ
ダメじゃん 

◆関連記事◆

出雲ひとり旅 1

出雲ひとり旅 2

タイトルとURLをコピーしました