初海外solo-travel ポルトガルリスボン#大西洋の恵みに感謝する

女ひとり旅
この記事は約3分で読めます。

ポルトガルといえば、大西洋に面したヨーロッパ大陸の一番西に面しています。

リスボンはその大西洋のすぐ近くにある都市です。今回の旅では、海の恵み「魚介料理」にたくさん出会いました。

そこで、ここでは感動した「ポルトガル料理編」をお送りします。

バカリャウ料理

バカリャウとは「タラ塩漬けを干したもの」のことです。ポルトガルの国民食(ソウルフード)だそうです。調理前には、何日も水につけて、水で塩抜きをして調理します。長期保存できるので、そもそもは大航海時代に重宝したとのことです。

事前のガイドブックで知り、ぜひ食したいと思っていました。レストランで食べたのはこれ。


バカリャウのムニエル(オリーブオイル焼き、ポテトと野菜を添えてって感じかな?)

思ったよりパサパサ感はありましたが、お味はまあいい感じ。ちょっと期待しすぎていたので、正直申し上げれば「そうでもない」感じでした。(汗)レストランによっては、もっとおいしいかもしれません。

あさりの蒸し焼き&あんこうのリゾット

お次は、リスボンのテージョ川を渡ってたどりついた、地元の人しかほぼ行かないというガイドさんおすすめの穴場的お店。
外観はこちら

イケメンのお兄さんが接客してくれました


日曜日のお昼少し前に到着、しばらくすると地元の人であっという間に満席になってしまいました。

ポルトガルの地ビール (あんまりビールの種類は多くなかったです。ワインはたくさん種類がありました。)


昼間っから飲める幸せ(^^9

ここで食したのは、あさりの蒸し焼き

いや~~これは本当においしかった!塩こしょうとレモンだけの味付けかな?

そしてそして、私の憧れ「あんこうのリゾット」


これもぜっぴ~ん!サフランとコリアンダーと塩だけで味付けしているそうです。素材がいいから、シンプルな味付けが引き立つんですね。こちらのレストランは「大当たり!」でした。

イカ墨リゾット

さて、こちらは別の日、ガイドさんに教えてもらった「今リスボンで売り出し中の人気シェフのお店」。お昼に行きましたが、予約がないとなかなか入れないそうです。シェフのお姿(お鬚がかっこいい! 笑)

内装はこんな感じ

イカ墨のリゾット

えびがたくさんのっかっております。イカ墨は全然くせがなく、深みのある味わい。

さすが、人気シェフ!! いい仕事しますね~~

旅の醍醐味を感じる

「大西洋の恵み」本当においしゅうございました。

観光もよいけれど、そこでしか味わえない食文化に触れられるというのは、旅の醍醐味だと、改めて感じました。

また、地元ガイドさんからは、ガイドブックに載っていないおすすめのお店を紹介してもらえるので、ガイド代以上の満足感がありました。(とてもひとりでは探しきれないもんね)

ありがとうございました!

◆関連記事◆

初海外solo-travel おすすめ観光 ジェロニモス修道院

初海外solo-travel 準備編2 

初海外solo-travel 準備編1

タイトルとURLをコピーしました