こんな時だからこそ 心に栄養を #ガウディの作品群 サグラダファミリア その3

おひとりさま日記
この記事は約2分で読めます。

さて、こんな時だからこそ 心に栄養を #ガウディの作品群シリーズ

その1

その2

今回は、最終回です。

サグラダファミリアのエレベーターについて

調べましたところ、どうやら2つの塔に上れるエレベーターがあるそうです。
(混雑しているので、事前に予約をしておくことをお勧めします!)

受難のファサード側と生誕のファサード側。私が上ったのがどちらだったのかはわかりませんが、とにもかくにも

サグラダファミリアのエレベーターには乗るべき!

と、覚えておいてください。

それはなぜか?

エレベーターで登った塔の上から眺めることができる、バルセロナ市内の景色がすばらしいこと

そして、降りるときは徒歩で階段を下っていくのですが、その際に小窓のようなところがいくつかあり、

そこから教会を真近で観ることができたり、景色も楽しめる

からです。

現在もまだ建築中ですので、足場がよく見えたり工事の音も聞こえます。

「ああ、何年もこの教会のために尽くしている人々がいて、その方たちの気持ちがこの教会に込められているのだ」と実感できます。

教会建築に携わっている方々は、きっと誇りをもっていることでしょうね。

NHKの「プロジェクトX」のような感じです。

サグラダファミリアは圧巻!必見!

現在、コロナ禍の影響でもちろん海外旅行には行けませんが、いつの日か収束してまた海外に行けるようになったら、是非に訪れてみてください。

まさに

圧巻!必見!です。

おまけ

私がバルセロナ市内で訪れたガウディの作品群。 その他の写真をご覧に入れましょう。

どれもこれも、曲線を多用した独特な建築様式で、素晴らしい限りでした。

カサバトリョ表側と内部

カサミラ

グエル公園

本当に、このコロナ禍が早く収束してくれて、またふたたび海外に行けるようになりたいです。

ですが今は、目の前のことを粛々とやってまいります!

タイトルとURLをコピーしました