こんな時だからこそ 考えていただきたいこと

おひとりさま日記
この記事は約2分で読めます。

3月14日のブログにて

こんな時だからこそ やっていただきたいこと

を投稿いたしました。

それから約2週間。残念ながら、状況は刻々と「悪いほう」へと変化してきているようです。感染者の数も日に日に増加しています。

本日、3月30日。午前中にショッキングな知らせが飛び込んできました。

「志村けん」さんがお亡くなりになったとのニュースです。

ショックでした。

このウイルスの恐ろしさを再確認しました。

そこで、こんな時だからこそ「考えていただきたいこと」を述べたいと思います。

不要不急の外出を控えるのは誰のため?

まずは、この点です。

政府などは、再三にわたり「不要不急の外出を控えましょう」と伝えていますが、

私はここに「誰のため?」が抜けているように思えるのです。

もちろん

表面上「自分自身」のため、と考えるのは当然でしょう。

でも、考えてみてください、自分が感染してしまったら、自分以外のあらゆる関係者に

迷惑がかかってしまうのです。(家族・職場の人たち・友人・その他の日本国中の人たち)

人は「自分のため」よりも「他人のため」として認識した方が、目的意識を強く持つと思うのです。

ですので

不要不急の外出を控えるのは、自分以外のまわりの人に迷惑をかけないため

と、とらえた方が効果的だと思います。

希望を捨てない・あきらめない

専門的なことは、よくわかりませんが、この新型コロナウイルスは消滅せず、インフルエンザウイルスのように、地球上に存在しつづけるとの見解もあります。

そして、早晩、研究者による「治療法」が確立されるのではと思います。

今現在は、世界中がパニック寸前ですが、「希望を捨てない」「あきらめない」ことは、この状況を乗り切るためには重要です。

そのときのために、自分が「今できること」を

仕事にしろ

家庭生活にしろ

誠実に、粛々と、淡々と、あわてず、騒がず……

私は、やっていきたいと思います。

こんな時だからこそ、ひとりひとりの人間としての品格 (他の人を思いやる力・想像力)

が、問われているのではないでしょうか?

どうぞおひとりおひとり、ご自身に今何ができるか、何が大切なことかを改めて考えていただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました