命日占い#夫はなぜ私の誕生月に亡くなったのか?その1

おひとりさま日記
この記事は約2分で読めます。

新聞の本の広告に、心惹かれることがあります。

直感で「この本を読んでみたい!」と思うと、早速Amazonで購入…

そんなパターンがほとんどです。(もちろん、あたりはずれはありますが。)

先日、そのような直感を得て、早速購入した本があります。

それは「命日占い」という本です。著者は占い師の「かげした真由子」さんです。

命日占いとは

本の前文がまさに言い表していると思うので、引用させていただきます。

「占い」と聞くと、「未来を言い当て、変えてくれるもの」というイメージを持たれるかもしれません。

ですが、この本でお伝えする内容は、あなたの未来を1つも当てることはしません。

未来を変えるような働きかけもしません。

その代わり、あなたの「過去」を変えます。“あの時”止まってしまった時計の針を再び動かします。

大切なあの人の命日の星の配置と、自分の誕生日の星の配置との組み合わせで、あの人との「隠された繋がり」を見つける、というものです。

夫は私の誕生月に亡くなった

私の夫は、平成27年7月18日 52歳で天国に旅立ちました。
7年間の寝たきり状態からの旅立ちでしたので、正直、覚悟はしているつもりでした。でも、「その時」が来てしまったときは、やはり相当な喪失感がありました。

それとともに、自分自身なんとなく不思議に感じたのは「夫はなぜ7月に旅立ったのか」ということだったんです。

それはなぜか?7月は私の誕生月でもあるからです。

夫が7月に旅立ったことは、何か意味があるんじゃないのか?

その時からずっと、彼の命日と自分の誕生月が同じであることの「意味」を、求めていたような気がします。

命日が残した、私への「課題」をひも解く

ずっと知りたかったことがこの「命日占い」でわかるかもしれない!

そう直感した私は、本の到着後早速調べました。

夫の命日の星座は「かに座」

私の誕生日も「かに座」

どちらも同じ星座です。

この組み合わせの意味は……

お互いが「一心同体」という意味があるということがわかりました。

そして、そこから夫が私に遺してくれたメッセージをひも解くことができたのです。

つづく…

私ってどんな人?税理士事務所HPはこちら

関連投稿:命日占い#夫はなぜ私の誕生月に亡くなったのか?その2

タイトルとURLをコピーしました